2-6-2の法則の落とし穴 下位の2割は実は自分だったりして?

2-6-2の法則

 

有名な話のなので聞いたことのある人も多いと思います。
会社という組織の実情をよくあらわしている理論で2-6-2(ニーロクニ)の法則というものがあります。

会社のなかでの仕事レベルの割合を示していて、

 

 

2割の優秀な社員
6割の普通の社員
2割の落ちこぼれの社員

どんな組織においてもこの割合に落ち着くというのです。
積極的に仕事をこなして成果をあげるタイプが2割で、優秀な2割についていく平均的なタイプが6割、やる気の感じられないタイプが2割という内訳になります。

また、同じような法則に、上位2割の優秀な営業マンが売上の8割を占めるというものもあります。
つまり組織というのは極端な話、上位2割の人で成り立っているというわけです。

あなたの周りでも思い当たるのではないでしょうか?
仕事に対してやる気がなくて、自分のことだけしか考えていなくて、自分の決まった仕事以外はすべて他人事の人がいませんか?そのくせ自分が下位2割だという自覚がない人です。

本当に頭にきますよね。
別に仕事ができないのは能力の違いがあるから仕方ないにしても、自分が足を引っ張っているという自覚だけは持ってもらいたいものです。
その自覚さえあれば、その生意気であからさまに不機嫌な態度もあらためますよね、普通は。

とまあ、怒るのはこれくらいにしておいて、次は自己評価の話をしてみます。

 

自己評価は高くなる法則

これも有名な話なので知っている人も多いと思います。

あなたは会社のなかでどれくらいの働きですか?」という問いに対して、下記の選択肢から選んでもらいます。

1・平均よりかなり下
2・平均よりやや下
3・平均
4・平均よりやや上
5・平均よりかなり上

これの調査結果をみると、ほぼすべての人が4か5を選ぶという結果になっているのです。
平均は3になるはずなのに、自分で自分の評価をした場合、平均が4から5になっているのです。
つまり自己評価は周りが思うよりも高くなりがちということになります。

(ちなみに僕の場合も4と回答します。平均よりは働いていると思っています)

 

 

ちょっと待ってください。
さきほどの2-6-2の話を思い出してください。

 

あなたは本当はどの位置でしょうか?

さきほど2-6-2の法則で、あなたは下位2割の人のことを怒っていました。
自分よりも仕事ができなくて働いていない人に対して、自覚を持てよって怒っていましたよね。

でも冷静に考えてみてください。
もしかしたら、その人もあなたのことを同じように感じているのかもしれませんよ。
だってほとんどの人は自分自身を平均以上と評価しているのですから。

なので、同僚からすれば実はあなたが下位2割のダメ社員と思われている可能性が高いのです。

 

ああ恐ろしい・・・。


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ