5号機はいつまで打てる?バジ絆・ハーデス・凱旋などの設置期限まとめ

2018年後半、ついにパチスロは6号機の導入がはじまりました。

2018年は大都の「HEY!鏡」をはじめ、
サミーから「チェインクロニクル」、KPEから「戦コレ」、山佐から「スーパーリノXX」の4タイトルが発売されました。

結果はHEY!鏡はそれなりに評価されましたが他の機械はイマイチ人気がでませんでした。

6号機は2019年以降にでる新台に期待といったところでしょうか?

 

6号機がイマイチということもあり、いまもなおホールの主役は5号機です。

しかもそのなかで特に人気なのは5号機の中期にでた「旧基準機」と呼ばれる機械達です。

「バジリスク絆」・「ハーデス」・「まどマギ」このあたりが依然としてホールでは看板機種となっています。

しかし、規則が5号機から6号機へと変わったことで、5号機には設置できる期限が設定されています。

原則は「検定」を受けてから3年ですが、ホールが設置期間を延長したい場合「認定」という行政手続きをすればもう3年設置できます。

 

つまり最大でスロット機は6年間まで設置できます。

 

それぞれの機械で検定を受けた時期が異なるので、いつまで設置できるかも機種ごとに違います。

ここでは旧基準5号機の人気機種がいつまで打てるのかをまとめてみました。

スポンサードリンク

 

人気機種の設置期限について

それでは人気旧基準5号機の設置期限をまとめました。
※設置期限は東京都です。検定は都道府県ごと受けるため地域によって多少異なります


パチスロ北斗の拳 転生の章(サミー)
推定設置台数 1万5000台

設置期限 2019年4月7日


▼魔法少女まどか☆マギカ(メーシー)
推定設置台数 2万5000台

設置期限 2019年10月27日


▼モンスターハンター月下雷鳴(エンターライズ)
推定設置台数 1万5000台

設置期限 2019年12月8日


▼アナザーゴッドハーデス~奪われたZEUS~(ミズホ)
推定設置台数 5万台

設置期限 2019年12月15日


▼バジリスク絆(エレコ)
推定設置台数 7万台

設置期限 2019年12月15日


▼沖ドキ!・ 沖ドキ!-30(アクロス)
推定設置台数 7万台

設置期限 2020年6月1日


▼押忍!サラリーマン番長(大都)
推定設置台数 1万5000台

設置期限 2020年8月10日


▼パチスロ黄門ちゃま喝(オリンピア)
推定設置台数 1万台

設置期限 2020年10月5日


▼ミリオンゴッド~神々の凱旋~(ユニバーサルブロス)
推定設置台数 6万5000台

設置期限 2020年11月16日

スポンサードリンク

 

今後の撤去スケジュールについて

2019年から2020年にかけての間に続々と設置期限が迫ってきます。

まず最初のポイントは2019年12月でしょう。

まどマギ・モンハン月下・ハーデス・バジリスク絆といった2018年現在最も人気のある機種がこぞって設置期限を迎えます。

この頃までに核となる6号機が現れるかどうかで、今後のパチスロ情勢が変わってきそうです。

 

そして、実は旧基準機で最後まで設置できるのが「ミリオンゴッド~神々の凱旋~」です。

凱旋は2020年11月まで設置可能なので、おそらくホールは期限ギリギリまで撤去しない方針となるでしょう。

いずれにせよ、ここで挙げた機種以外の全5号機(5.9号機含む)は遅くとも2021年1月末までにすべて6号機に入れ替わることになります。(今後の展開しだいでは「みなし機」として猶予期間が設定されるかもしれませんが、少なくとも4号機から5号機への移行時にはありませんでした)

ここで挙げた9機種の合計設置台数は推定約33万台ですが、パチスロの総台数が約170万台です。

このすべての台が2021年1月末までに6号機に入れ替わることになります。

残りあと2年ですが、なんとか5号機の旧基準機を超える面白さの台が登場してくれることを願っています。


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ