消費税の軽減税率とは?何が8%で何が10%なの?海外の事例も紹介

2019年10月に消費税が現行の8%→10%に引き上げられます。

しかし、食品などの生活必需品まで消費税をあげてしまうと、低所得者への負担が大きいという懸念があります。

そこで、一部の品目を8%のままにする軽減税率が導入されることになりました。

買い物によって、消費税が8%のものと10%のものに分かれることになりますので、何が8%で何が10%になるのかをしっかりと理解しておきましょう。

スポンサードリンク

 

8%と10%の商品について

それではさっそく8%のものと10%のものを見比べてみます。

8%(消費税据え置き)

・スーパーなどでの食品や食材の購入

・ノンアルコールビール

・特定保健用食品(トクホ)・機能性表示食品

・マックなどでのテイクアウト

・映画館でのポップコーン

・寿司の出前やピザの宅配サービス

・新幹線での駅弁購入

・学校給食

・新聞・スポーツ新聞の定期購読

 

10%(消費税アップ)

・スーパーなどでの日用品の購入

・ビール・ワインなどの酒類

・医薬品・栄養ドリンク

・レストラン・喫茶店での食事

・マックなどで店内での食事

・コンビニなどのイートインコーナーでの食事

・ホテルのルームサービス

・ケータリングなどの食事手配

・学生・社員食堂

・電子版での新聞契約

・コンビニや駅での新聞購入

・本

 

簡単に考えるのであれば、食品に関しては、家で食べるか外食するかです。

家で食べるのか目的であれば消費税は8%のままで、外食なら10%になります。

 

新聞に関しては、毎日配達してもらっているなら8%のままで、外で買うなら10%となります。

また、おもちゃ付きのお菓子などの場合は、価格が1万円以下で食品部分の価格が全体価格の3分の2以上であれば軽減税率の対象となり、消費税は8%のままとなります。

 

2019年10月からの施行ということもあり、詳細が未定な部分もあります。

今後に詳細についての決定や変更点がでてくることもありますので、政府の動きには注目していきたいですね。

スポンサードリンク

海外の事例について

海外では軽減税率は多くの国で普通に採用されています。

フランスやイギリスをはじめ、ハンガリー・スウェーデン・オランダ・ドイツ・ロシアなどですね。

各国によって税率は異なりますが、だいたい消費税が20%で食料品などの必需品に対して0~10%など消費税を低く設定する場合が多いようです。

 

僕がみて良いと思ったのは、イギリスです。

 

イギリスは基本となる消費税は0%です。

軽減税率が適用されて0%と5%のものがあります。

 

 

消費税0%・・・食料品・ペットのえさ・幼児服・チャリティ商品・葬儀・医療費・本・水道・公共の橋トンネルなどの通行料

消費税5%・・・ベビーカー・高齢者用の移動補助器・生理用品・禁煙用品・一部のガス電気・省エネ用品

消費税20%・・・その他

 

基本となる税金は高いですが、食糧や子供・高齢者・障害者用の消費には税金を安くして、社会的に弱い立場になりがちな、子供・女性・高齢者・障害者の負担を減らそうという姿勢がみられます。

 

イギリス国内からは複雑で分かりにくいという意見もあるようですが、日本も8%と10%ではほとんど差がないので、0%or10%くらいのメリハリをつけたほうが良いかもしれませんね。

 

ちなみにアメリカでは、消費税というものは存在しません。

売上税というものがあり、各州によって税率がバラバラなようです。

 

というわけで、今回は2019年から日本では初めて導入される軽減税率についてまとめてみました。


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ