複数の収入源を持つ

あなたにはいくつの収入源がありますか?

この質問に対して、サラリーマンの大多数の人は一つと答えると思います。
そう、サラリーマンは会社からもらう給料のみしか収入源がないということです。

 

収入源が一つしかないとどうなるか?

会社からの給料に収入のすべてを依存するという行為はとても危険です。
会社という組織からはじきだされてしまったら、収入がなくなり生きていけなくなるからです。

不満がありながらも会社の言いなりになったり、上司の機嫌を伺いビクビクしたりして働くことになります。
仕事になんて行きたくないと内心思いながらも、どうしようもない閉塞感のなか毎日出社することになるのです。
そして、会社ではそんな内心を決して悟られないよう「おはようございます!」と元気に上司や同僚に偽りの挨拶をします。

 

収入源が複数あれば

収入源が複数あれば会社に対する考え方、接し方が一変します。
会社からの給料はあくまでも収入の一部となるわけですから、

仮に会社を辞めることになってしまっても、
その分、他の副業分野に注力すれば良いだけの話となります。

この会社を辞めることになるというのは、少し乱暴な考え方かもしれませんが、
これくらい思い切った思考でいた方が精神的に楽です。
会社や上司にビクビクする必要がないので、常に堂々と振る舞えます。
なぜか会社は自信満々でいる人のほうが評価される傾向があるので、
逆に開き直った方が、会社での仕事にも良い影響がでてくることもあるのです。

このように会社からの給料以外に複数の収入源をもつということは、
精神的な余裕をもたらし、楽な気持ちで働けるようになるのです。


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ