【油断大敵】FXでは些細なルール違反が大事故へとつながるという話

サラリーマンFX投資家のナッキです。

僕は会社からの給料以外に副収入を得ようとFXのデイトレードに取り組んでいます。
毎月安定して稼げるようになるために日々取引していますが、これまでなかなかうまくいっていません。

僕が思っていた以上にFXの世界で結果を出すことは難しいといった印象です。

僕は今年に入ってから年間100万円勝つことを目標に掲げましたが、
逆に2カ月で100万円の損失をだしてしまいました。

負けが続くとアツくなってしまい、感情的なトレードを繰り返してしまうことが負けの原因であるとして、自分が精神的に耐えられるレートまで落として、3月から再スタートしています。

すると、レートを落とした効果なのか、負けても以前よりは冷静でいられるようになり、収支も向上していきました。

4月から6月まで3カ月連続でプラス収支を達成することができました。(3ヶ月で+7870円)

自分のなかでも、自信が芽生え始めてきて、これならもう少しレートをあげてもやっていけるのではないかと思うようになりました。

ただ、まだルールを完全に構築できておらず、失敗することもあったので、あと1カ月様子をみて、
7月に50PIPS以上プラスにできたならレートをあげようと決めていました。

しかし、7月にはいってからはイマイチ調子がでずに収支も低迷していました。
自分自身に具体的な目標を設定してしまい、力んでいたのかもしれません。
先週木曜日の13日の時点での収支が-1245円でした。

そして先日14日に、たった1日で-6570円という大負けをしてしまうのです。
FXで大敗】大事故の始まりはたった1度のルール無視(2017年7月14日FX収支)

これまで3カ月間コツコツと積み重ねてきた利益がたったの1日で水の泡となりました。
今日は何が原因だったのかを、しっかりと振り返って反省したいと思います。

スポンサードリンク

ほんの少しの油断が、大きな事故を引き起こす

今回の僕の失敗はなんだったのでしょうか?
それはやはり油断して「ルールを破った」ことがすべてでした。

僕はマイルールで「3連敗したらその日の取引は終了する」としていますが、この日はなんと11連敗しています。
なぜ11連敗もするまでトレードを続けてしまったのでしょうか?

 

●さかのぼること2日前の7月12日の水曜日のことです。
ルールを破り「泣きの1回」の結末は?(2017年7月12日FX収支)
僕は相場の動きから、いずれ下落すると予測してショートでエントリーを続けていました。
しかし、残念ながら僕がエントリーしていたタイミングでは相場は下落せずに、立て続けに損切りとなり3連敗となりました。

普段なら悔しいながらもここで終了するのですが、その日は違いました。
なぜなら3連敗したとたん、相場が急落したからです。

そのときの僕の考えたことはこうです。
ほら、俺の思ったとおりだ」と。

下落すると思ってショートしていたのに、3連敗したとたん下落するのを目撃した僕は、どうしても我慢が効かなくなって、下落する相場を追いかけるようにエントリーしたのです。

7月に入ってマイナス収支が続いていて、内心焦りもあったのでしょう。
普段しないはずのルール破りをこの日はしてしまったのです。
そして、結果は成功、そのショートの取引だけで1385円もプラスにすることができました。

このできごとが今回の事故が起こった、そもそもの発端だと思います。

 

●翌日の7月13日の木曜日に続きます。
1度ルールを破るとクセになってしまう。そしてそれは破滅の序章(2017年7月13日FX収支)

この日も3連敗した瞬間があったのですが、そこで終了せずに取引を続けてしまいました。
前日よりもルールを破ることに躊躇することなく、「まあいいか」くらいの軽い気持ちでした。
しかも前日同様、3連敗したあとの取引は+1075円とまたもや大きく勝ってしまいました。

こうして、僕のなかで「3連敗終了ルール」が些細なものになってしまったのです。

スポンサードリンク

そして迎えた事故当日

完全にルールを守らないことがクセになってしまった僕に天罰がくだります。
もうルールを破ることに罪悪感がなくなっていました。

2日連続でルールを無視して成功しているので、もうルールなんて破っても大丈夫と潜在的に思っていたのでしょう。
さらに、この日は3連休前ということで、開放感とお酒が僕を強気にさせたのです。

3連敗しても取引を終了することなく、損切りのあとドテンで逆のポジションを持ったり、複数のポジションを同時に持ったりと、まさに今年のはじめに100万円負けたときと同じことを繰り返してしまいました。

さすがに翌日は自己嫌悪に陥りました。
FXというのは本当に
1度のミスが命取りとなり、これまで積み重ねてきた利益をすべて吹き飛ばしてしまいます

救いなのはレートをあげていなかったことです。
勝ち続けていると、調子に乗ってレートをあげていたりしますが、その点僕はいずれ不調期間がくると思っていたのでレートをあげることについては慎重だったのです。

まだこんなことをしているようでは、安定して稼げるレベルには程遠いですね。
本当に僕はなんでこんなに難しい世界に挑戦してしまったのかと思うこともあります。

FXで安定して勝てるようになるのは相当難しいことだと、身に染みて感じる今日この頃です。


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ