FX収支(2017年1月17日)ポンド爆上げで10万オーバーの損失

FXの失敗とは?

僕はFXで今まで何度も失敗をしてきました。
FXでは負けること自体は当たり前のことですので、取引で負けることは失敗ではありません。

FXにおける失敗とは、1度の取引で取り返しのつかない大敗をしてしまうことです。
損切が大事と頭では分かっていたとしても、負けが込んで来たり、思惑とは違う方向に値が動いていくと、いつもできていることができなくなります。
ストップを置かない行動や、ナンピンする行動がこれにあたります。
そして、いつもはしっかりと損切をできているのに、たまたまストップをしなかったり、ナンピンしているときに限り、値は戻ることなくポジションとは逆方向へ進んでいくのです。

気づけばもう手動で損切りすることはできないくらいに損失が膨らんでいます。
そこで損切できればまだ致命傷は避けられます。しかし、たいていは戻ることを祈るだけで、ただただ逆に進みつづける相場をみてイライラするだけです。
さらに損失が進めば次に恐怖が襲ってきます。資産が減ることで、とんでもないことをしてしまったと怖くなり、少し離れた値にストップを置きます。
ストップを置いても、まだ値が戻ることを祈っています。神様お願いします今回だけと。しかし祈りも虚しく結局最後は損切になります
損切してしまえば少しスッキリします。何日かすれば立ち直り、いつかまた同じ過ちを繰り返します

そう、これは今日の僕の失敗です。
イギリスのメイ首相の会見でポンドが爆上げしているなか、ショートポジションを持ちながら損切が遅れて大やけどをしてしまいました。
それでは全取引結果を報告します。

 

1月17日の取引報告
通貨ペア L/S LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
USD/JPY S 5 114.041 113.5 54.1 27,050
USD/JPY S 5 113.441 113.35 9.1 4,550
USD/JPY S 5 113.494 113.102 39.2 19,600
GBP/JPY S 3 137.129 140.013 -288.4 -86,520
GBP/JPY S 3 137.555 140.013 -245.8 -73,740
GBP/JPY S 3 139.845 139.6 24.5 7,350
USD/JPY S 5 113.34 113.501 -16.1 -8,050
USD/JPY L 5 113.493 113.34 -15.3 -7,650
GBP/JPY L 3 139.763 139.738 -2.5 -750
USD/JPY S 5 113.062 112.85 21.2 10,600

<本日の結果>
5勝5敗
-420PIPS
-10万7560円

 

1月17日の総括

今日は緩やかに下落していく相場で、ドル円のショートで利益をだしていました。
しかしポンドをショートしていたことで大参事を招くことになりました
事の発端は、ポンドが前日16日の月曜日に大きく下窓を開けてスタートして、東京市場中も下落していたことに気付いたことでした。
チャンスと思い一度ポンドに手を出したのが元々の原因だと思われます。
その時は普通に損切で負けただけでしたが、翌日の今日もポンドで取り返したくなり、ショートポジションで勝負してみました。

完全にダウントレンド中で、当日の値動きも少なかったことから、上昇しないと踏んでストップを置かずに様子をみていました
正確には一応140円にストップを置いていました。137円のポジションですから相当余裕を持っています。ダメそうなら手動決済しようという安易な考えを持っていました。

そうしたら、21時まえにイギリスのメイ首相の会見で相場は急変し、僕は損失の膨れるのを、眺めていることしかできませんでした。
138円を一気に越えて、そこで損切すればよかったのですが、戻るだろうと簡単に考えて様子見に。たぶん負けを確定させることが嫌だったのでしょう。
しかし思惑には反して相場は139円に上昇してしまいました。もう切れません。神様に祈るも値は上がり続け今日の最高値付近となった140円で損切にかかるというよくある結末でした。

Screenshot_2017-01-18-22-09-27 (1)

といわけで今日の結果は、失敗の良い見本ですので、かなり重要な内容になります。
反面教師として頂ければ幸いです。
僕自身は2017年の収支グラフがナイアガラの滝状態で悲惨な幕開けですが、諦めずに続けていきたいと思います。
それではまた明日。

<2017年のFX成績>
58勝67敗
-728PIPS
-25万4240円

20170117FX累計収支


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ