【ドル円】北朝鮮が水爆実験の兆候で下落 【僕】戻り売り失敗で大損失(2017年9月22日FX収支)

サラリーマンFX投資家のナッキです。

今週は月曜日が祝日で休みでしたので、4日間しか会社に行かなかったのですが、やはり金曜日になると疲れますね。
平日にFXをがっつりやると気が休まる暇がないので、週末はいつもぐったりしてしまいます。

FXで楽に稼ぎたいと思って始めても、ぜんぜん楽じゃないし、ぜんぜん稼げないし、甘い世界ではないのは間違いないですね。

さて、今週のFX収支は、昨日の木曜日までで、-14470円です。
もっと負けてると思っていましたが、意外に負けていませんね。

19日の火曜日にアツくなって1日で26000円も負けて絶望した日がありましたが、他の日も危なっかしいトレードばかりしていますので、感覚的には大負けしている感じです。

今日、15000円以上勝って週収支をプラスにして、いい気分で週末を過ごすことができるのでしょうか?

 

さて、本日9月22日のドル円の動きを振り返ります。
112.45円ではじまり
高値が112.55円、安値が111.65円で終値が111.99円で6営業振りに陰線でした。

ここ数日112円台で推移していましたが、今日の午前中に北朝鮮がさらなる水爆実験が行われるという情報で、111円台まで下落しました。

しかし下落は限定的で112円台まで戻して、その後は112円を中心に小さなレンジ相場でした。

ここ最近はずっと上昇続きでしたが、少し休憩といったところでしょうか。

 

週明けの相場ですが、この週末に気になるニュースが2つ入ってきています。

ひとつは、北朝鮮内で人工的と思われる地震が起きたこと。
もしかすると核実験が行われたかもしれませんが、その割には規模が小さいので、おそらく何か不測の事態が起きて何かが爆発したのではないかと思われています。

その後の報道では、おそらく核実験ではなく、9月3日の核実験の影響によるなだれで揺れたという見方が強いようです

 

もうひとつが、アメリカの爆撃機が北朝鮮沖まで飛行したことです。
アメリカ側がここまで実際に行動にでたのは初めてです。
まだ、けんせいに意味合いが強いと思いますが、これまで以上に緊迫度は高まっています。

この2つの情報を受けて、為替がどう反応するかが注目です。
週が明けた瞬間は、少なからず下窓があくと思いますが、すぐに埋めるか、そのまま下がるかは正直分かりません。

始まってみなければ分からない、予想がしづらい相場になっています。

スポンサードリンク

 

2017年9月22日の取引報告

それでは9月22日(金)の取引結果を報告します。

通貨ペア LS LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
USD/JPY S 5 111.731 111.786 -5.5 -2,750
USD/JPY S 5 111.777 111.82 -4.3 -2,150
USD/JPY S 5 111.925 111.991 -6.6 -3,300
USD/JPY L 5 112.027 111.97 -5.7 -2,850
USD/JPY S 5 111.977 112.062 -8.5 -4,250
USD/JPY S 5 112.003 保有中

<本日の結果>
0勝5敗
-30.6PIPS
-1万5300円

111円台に急落したのちに、戻り売りを狙ってショートで何度かエントリーしましたが、ことごとく損切りになってしまいました。
ショートで3連敗したあとに、すぐにロングで入りなおしたりと、やってはダメな行動までしてしまい自己嫌悪です。

最後にショートのポジションを持ったまま、勝敗つかずで持ち越しています。
週明けに大きく下窓で下がってくれることを期待していますがどうなるでしょうか。

 

今週の成績をまとめると、

9/18(月) +15.7 +7850円
9/19(火) -58.2 -26420円
9/20(水) -10.3 -5150円
9/21(木) +18.5 +9250円
9/22(金) -30.6 -15300円
合計 -64.9PIPS -2万9770円

※通常5万通貨で取引していますが、1回間違えて1万通過で取引しています。

マイナス3万円と僕のなかでは、大負けをしてしまいました。
今週のドル円は値動きが少なかったのにも関わらず、最近好調だったことから、利益を大きく伸ばそうとして失敗することが多かったです。

やはりFXは勝った後が一番怖いですね。
いつでも大きく勝てる相場ではないことをしっかりと認識しなければなりません。

 

<2017年のFX収支>
649勝771敗
-5082PIPS
-111万3680円


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ