【含み損は借金の心境】ロングのナンピンを切れずに週を持ち越したら下窓スタート・・・!(2018年1月22日FX収支)

サラリーマンFX投資家のナッキです。

10連勝と幸先の良いスタートを切った2018年でしたが、初黒星となった16日以降はリズムを崩してしまい、内容・結果とともに散々なものとなっています。

先週18日(木)には、エントリーしたドル円のロングが、損切りが遅れてしまい、「塩漬け」となってしまいました。

さらに、同日に2回、翌19日(金)に1回の「ナンピン」をしてしまい、合計4万通貨を持ったまま、
損切を置かずに週を越す
という、「それはやったらダメでしょう」といわれるNO1の愚行をしてしまったのです。

なんでいつもこうなってしまうのか、自分が本当に嫌になります。

ちなみに、現在のドル円の保有ポジションは、

111.296 1万通貨
111.177 1万通貨
110.938 1万通貨
110.531 1万通貨 

となっており、平均110.985円4万通貨保有していることになります。

先週末の19日(金)の終値が110.77円でしたので、なんとか上がったところで決済を、と目論んでいました。

しかし、週末にアメリカ議会閉鎖というバッドニュースがあり、
これは週明けは下窓開くのでは・・・?」と土日は心配していました。

迎えた22日(月)の早朝、悪い予想は的中してしまい、
オープンレートは110.58円20PIPS下落して始まりました。

含み損を抱えていると、普通に生活していても心が重たいんですよね。
借金していると、こんな感じなんでしょうかね?

ともあれ、110円を明確に割るまでは踏みとどまろうと、一応決めて(それか心が折れてギブアップするか)様子を見ることにしました。

スポンサードリンク
2018年1月22日のドル円の動き

それでは1月22日(月)のドル円の動きを振り返ります。

先週末の終値より20PIPS下窓の110.58円ではじまり、
安値が110.51円、高値が111.23円で終値が110.94円で日足は陽線でした。

下窓スタートとなりましたが、定説どおり窓はすぐに埋まり、上値は重かったですが、底値も固く推移しました。

そして、迎えた深夜にアメリカ議会の閉鎖が解除のニュースがでて、一気に111.2円まで急上昇しました。

明け方にかけて、また110円台まで戻ってきて終了となりました。

うーん、111円を越えたら上昇すると思ったのですが、111.3~4円に大きな壁があってなかなか上に抜けていきませんね。

スポンサードリンク
2018年1月22日の取引報告

それでは1月22日(月)の取引結果を報告します。

通貨ペア LS LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
USD/JPY L 1 111.296 110.94 -35.6 -3,560
USD/JPY L 1 111.177 110.94 -23.7 -2,370
USD/JPY L 1 110.938 110.94 0.2 20
USD/JPY L 1 110.531 110.94 40.9 4,090

<本日の結果>
2勝2敗
-18.2PIPS
-1820円

今日は持ち越していた4万通貨の決済しただけでした。
というか、今日は1日中決済するタイミングをうかがっていました。

もみ合いの状態がずっと続いていて、だいぶ神経をすり減らしましたが、夜中に急上昇してくれたおかげで命拾いしました。

明け方、110.94円で全決済しました。

1820円負けていますが、最大時の含み損が20000円くらいありましたので、「実質勝ち」の気分です。

勝てればよかったのですが、逆に勝ってしまうと次も同じことを繰り返してしまうので、今回負けて良かったとも思っています。

ナンピンは怖いと改めて思いました。
ナンピンもうまく使えば有効な戦略だと思いますが、失敗したときのリスクが大きすぎますよね。

本当に気を付けよう・・・。

<2018年のFX収支>
77勝46敗
+67.9PIPS
+6790円


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ