【ショート1択】下落相場は馬鹿になって売りまくれ(2018年2月14日FX収支)

サラリーマンFX投資家のナッキです。
今年のここまでのFX収支は、+3万4916円となっています。

ドル円相場は下落が続いています。
現在これを書いている2月15日は106円台となっています。
2017年の安値107.28円を下回る水準で推移しています。

僕のやり方では、このような下落トレンドのときは、とにかく「ショート」のみに徹します。
今日はけっこう落ちたから」という理由で逆張りロングはしません。

反転して上昇を始めてもロングでは入りません。
むしろ上昇が一服したタイミングを見計らって「叩きショート」をします。

とにかく馬鹿になってショートしまくることこそ、下落トレンド相場の正攻法だと僕は思います。

スポンサードリンク
2018年2月14日のドル円の動き

さて、2月14日(水)のドル円の動きを振り返ります。

107.8円ではじまり
高値が107.9円、安値が106.72円、終値が107.02円と日足は3営業日連続の陰線でした。

昨年2017年の安値を更新して106円台に突入しました。
いったいどこまで落ちるんでしょうか・・・。


<ドル円 2/14 30分足>

今日は午前中に1円近く急落しました。
まるで前日13日のリプレイをみているかのような動きでした。

午後に入り、反発して107.5付近まで戻します。
その後ジリ安で夜を過ごしていたかと思っていたら、指標を機に乱高下しました。

上下に激しい攻防がありましたが、最終的には下方向に向かい、深夜に106.72の安値をつけて107でクローズしました。

今日は指標直後の乱高下が凄まじかったですね。
とても気軽に入れる状況ではなかったです。

指標の前後など、相場が乱高下しているときはトレードしないほうが良いです。(経験上)

まったく読めないうえにスプレッドも広がります。
僕みたいなへたっぴには手に負えないので、関わらないようにしましょう。

スポンサードリンク
2018年2月14日の取引結果

それでは2月14日(水)の取引結果を報告します。

通貨ペア LS LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
USD/JPY S 1 107.71 107.573 13.7 1,370
USD/JPY S 1 107.164 107.1 6.4 640
USD/JPY S 1 107.088 107.08 0.8 80
USD/JPY S 1 106.896 106.869 2.7 270
USD/JPY S 1 107.163 107.152 1.1 110
USD/JPY S 1 107.209 107.16 4.9 490
USD/JPY S 1 107.243 107.236 0.7 70
USD/JPY S 1 107.413 107.408 0.5 50

<本日の結果>
8勝0敗
+30.8PIPS
+3080円


今日の取引はドル円のショートのみで、全勝で決めることができました。

今日の戦略も変わらず「戻り売り」でした。

午後の上昇局面でも、タイミングをみて叩きショートで、利益をかすめとり、収支の上乗せに成功しました。

夜はなにやら違和感を感じていたのでポジションは持たずに様子をみていました。

すると22:30の指標(アメリカの小売りだそうです)をきっかけに乱高下となりましたので、様子見の判断で正解でした。

今日は危機を事前に察知して、分かりやすい下落局面で利益確保と、とてもいい形だったと思います。

好調継続中です。

<2018年のFX収支>
177勝104敗
+364.5PIPS
+3万7996円


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ