ドル円は雇用統計で110円台を回復。NYダウが10年振りの大暴落で週明けは波乱の展開か?(2018年2月2日FX収支)

サラリーマンFX投資家のナッキです。

今週(1/29~2/2)はFOMC雇用統計とイベント盛りだくさんの忙しい1週間でしたね。
僕は先週末から持ち越していたユーロドルのロングを塩漬けしてしまっていたため、月曜から水曜までノートレでした。

2/1の木曜日にようやくユーロドルが目標まで上昇してくれて手放すことができました。
そしてノーポジのまま本日の雇用統計を迎えたという流れです。

 

2018年2月2日のドル円の動き

さて、2月2日(金)のドル円の動きを振り返ります。

109.39円ではじまり、
安値が109.28円、高値が110.48円で終値が110.18円で日足は陽線でした。

<2/2 ドル円チャート 15分足>

今日は綺麗なサポートラインが引ける上昇相場となりました。
22時30分に発表された雇用統計でも上に行き、ロングしていれば勝てる相場だったと思います。

雇用統計前は一方方向に進みやすい傾向がありますが、今回はそれが上でした。

1月26日(金)に108.28円まで下落したドル円ですが、今週で持ち直した格好となりました。

しかし、一方でアメリカ株価のニューヨークダウが665ドルの大幅安となりました。
これは2008年12月以来だそうです。

10年振りの下落するような大きな出来事はなかったのですが、いったいどうしたんでしょうか?
週明けの日経や為替の展開が見ものですね。

ニューヨークダウ下落の影響はドル円にもでました。
夜中の2時過ぎには急落する場面もありました。

結果、この下落が雇用統計で開いた窓を埋めることになりましたね。
この日は上に行ったまま戻らないと思っていましたから、この下落はまったく頭になかったです。難しい値動きでした。

スポンサードリンク
2018年2月2日の取引結果

それでは2月2日(金)の取引結果を報告します。

通貨ペア LS LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
USD/JPY 1 110.236 110.255 1.9 190
USD/JPY 1 110.363 110.393 3.0 300

<本日の結果>
2勝0敗
+4.9PIPS
+490円


1週間ぶりのデイトレードでしたが、うまくいきました。
2回とも、雇用統計後の上昇勢いに乗った「勝ち逃げトレード」でした。

ドル円は110円台に戻してきて、トレンド転換なのか、ただの調整なのか、はたまたレンジになるのか。
まだハッキリしない状態です。

NYダウ暴落の影響もあるかもしれません。

週明けはよく状況を見極めながらトレードしていきたいです。

<2018年のFX収支>
117勝76敗
+71.8PIPS
+8726円


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ