NYダウ史上最大の大暴落を記録した直前、ドル円の動きに違和感が・・・(2018年2月5日FX収支)

サラリーマン投資家のナッキです。

先週末の2月2日(金)のNYダウは、2008年に起きたリーマンショック以降最大の下げとなる665ドル安を記録しました。

各報道によると、アメリカの金利上昇ペースが速まったことによる、銀行の貸し渋りを懸念して、売りが広がったとの見方でした。

ただし、下落は限定的と、楽観的な意見がありましたが、なんと本日2月5日(月)に史上最大の下落が待っていました。

2月5日(月)のNYダウは史上最大の下落、前週末比1175ドル安(瞬間的には1597ドル!下げる場面もありました)と2営業日連続の大暴落で市場は大混乱となりました。

去年からアメリカ株価は連日の史上最高値更新など確変フィーバーしていましたが、ここにきて大きな調整が入ったということでしょう。

それにしても、米朝戦争が起こったわけでも、グーグルが倒産したわけでもないのに、こんな大暴落がくるとは・・・。

相場って怖いですね。

スポンサードリンク
2018年2月5日のドル円の動き

さて、NYダウが史上最大の下落となった歴史的な1日のドル円の動きを振り返ります。

110.17円ではじまり、
高値が110.29円、安値が108.99円で終値が109.15円で日足は陰線でした。

ダウの下げ幅に比べれば、ドル円は1円程度ですので、そこまでの下落ではありませんでした。

<ドル円 2/5チャート 30分足>

日中は先週末のダウ下落の流れを受けて下落しました。

流れは完全にでしたが、夜に「不可解な上昇」をみせました。

そして、110.3円付近まで上昇したあとは、109円まで大暴落でした。

大きな動きがある前って、何か違和感を感じる動きをするような気がします。

スポンサードリンク
2018年2月5日の取引結果

それでは2月5日(月)の取引結果を報告します。

通貨ペア LS LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
USD/JPY S 1 109.832 109.845 -1.3 -130
USD/JPY S 1 109.908 109.845 6.3 630
AUD/JPY S 1 87.142 87.219 -7.7 -770
AUD/JPY S 1 87.262 87.1 16.2 1,620
USD/JPY S 1 109.687 109.735 -4.8 -480
USD/JPY S 1 109.759 109.805 -4.6 -460
USD/JPY S 1 109.858 109.905 -4.7 -470
USD/JPY L 1 109.98 109.989 0.9 90
USD/JPY L 1 110.057 110.067 1.0 100
USD/JPY L 1 110.073 110.085 1.2 120
USD/JPY L 1 110.09 110.095 0.5 50
USD/JPY L 1 110.193 110.169 -2.4 -240
USD/JPY L 1 110.11 110.163 5.3 530
USD/JPY L 1 110.2 110.225 2.5 250

<本日の結果>
8勝6敗
+8.4PIPS
+840円


今日の戦略は、先週末のダウ暴落の流れを受けるだろうと読み、「ショートでエントリーする」でした。

日中は緩やかに下落する相場で、損切りもありましたが、利益をだすことができました。

夜になって相場が上昇していくなか、ショートで3連敗しました。

どうも合ってないな」と感じ、本来ならばここでやめておくべきところ、今日のトータル収支が少しマイナスだったため、ロングに切り替え、延長戦のスキャルピングをしました。

このスキャルが運よく利益をだせて、今日の収支をプラスにすることができました。

が、僕がロングでのトレードを終了した途端、下落が始まっていましたので、「間一髪、助かった」だけといっていいでしょう。

ずっと下目線でいたのに、今日の収支をプラスにしたいという理由で、ドテンロングしたのはミスだったと感じています。

負けていると、取り返したくなりますが、いさぎよく撤退できるようにならなければ、この先いつか痛い目をみるのでしょうね・・・。

勝ちはしましたが、後味はよくない1日でした。

そんな感じで、記録的な1日でしたが、僕のFX収支は平凡でした。

<2018年のFX収支>
125勝82敗
+80.2PIPS
+9566円


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ