細かく上下するレンジ相場の攻略法は「逆張りで細かくとる」(2018年5月30日FX収支)

サラリーマンFX投資家のナッキです。
2018年のここまでのFX収支は、-1万1694円となっています。

 

前日の5月29日には一時マイナス3万円オーバーまで損失が膨らみ、「またコツコツドカンか・・・」と半ばあきらめたのですが、そこから奇跡的な逆転をしてプラス1万円となったのでした。

 

ただ、勝敗は別として、1ヶ月の勝ち分(5月はここまで+3万円)を1日で溶かすようなトレードをしていてはダメですよね。

 

僕の最終目標はFXで安定して勝てるようになることなので、何か1日の損失額を限定させる方法をとらないといけませんね。

 

僕はこれまでにも、コツコツドカンを防止するために、「3連敗したらその日の取引は終了」や「20PIPSの損失でその日は終了」と決めてトレードしていたこともありました。

 

しかし、この方法だと確かに1日の損失は限定されますが、同時に勝つチャンスも手放してしまうのです。

 

得意な形がでても、その日が終了していたらエントリーできずに機会損失した気分になるのです。

 

そして、そのフラストレーションが翌日に爆発して前のめりでトレードしてしまうという悪循環にも陥りました。

 

なので、いまは特にルールは決めていません。

 

理想の形は、前後のトレード結果は関係なく、淡々と「優位性のあるトレードを繰り返すこと」だと思います。

 

負けたからやめるというのは、精神的に未熟だからルールに自制してもらっているに過ぎません。

 

いかなるときも、感情を排除した平常心トレードを目指したいものです。

スポンサードリンク
●2018年5月30日のドル円の動き

さて、5月30日(水)のドル円の動きを振り返ります。

108.74円からはじまり、
安値は108.35円、高値は109.07円
終値は108.89円で日足は陽線でした。

前日は大きく動きましたが、今日はおとなしいいつもどおりの値動きでした。

狭い範囲のボックスの中で上下するレンジの動きでした。

今週金曜日に米雇用統計がありますので、それまでは大きな動きはないかもしれませんね。

スポンサードリンク
●2018年5月30日の取引報告

それでは、5月30日(水)の取引結果を報告します。

通貨ペア LS LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
USD/JPY S 1 108.55 108.48 7.0 700
USD/JPY S 1 108.455 108.427 2.8 280
USD/JPY S 1 108.46 108.523 -6.3 -630
USD/JPY S 1 108.677 108.6 7.7 770
USD/JPY S 1 108.68 108.63 5.0 500
USD/JPY S 1 108.684 108.79 -10.6 -1,060
USD/JPY S 1 108.812 108.866 -5.4 -540
USD/JPY S 1 108.75 108.698 5.2 520
USD/JPY S 1 108.859 108.698 16.1 1,610
USD/JPY S 1 108.593 108.61 -1.7 -170
USD/JPY S 1 108.609 108.737 -12.8 -1,280
USD/JPY L 1 108.755 108.86 10.5 1,050
AUD/JPY L 1 82.006 82.101 9.5 950
USD/JPY L 1 108.949 108.96 1.1 110
USD/JPY L 1 108.909 108.917 0.8 80
USD/JPY L 1 108.905 108.907 0.2 20

<本日の結果>
11勝5敗
+29.1PIPS
+2910円


今日はボックス相場で上下の切り返しが多い相場でしたので、逆張りでエントリーして細めに利確する戦略でいきました。

 

スキャルピングの類のトレードもしたので、トレード数は多めになりました。

 

レンジ相場は反転するスピードがはやいので、細かくとっていく手法が合っていますが、今日はうまく対応することができました。

 

これで年間収支もマイナス1万円を切ってきました。

 

念願のプラスまであと少しです。

 

収支は意識しすぎるとバランスを崩す恐れがあるため、あまり意識せずにトレードに集中していきたいと思っています。

<2018年のFX収支>
444勝307敗(勝率59%)
-103.3PIPS
-8784円


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ