4週連続負け越しのなか新ルールで巻き返しの週となるか?(2018年7月30日FX収支)

兼業FXトレーダーのナッキです。
2018年のここまでのFX収支は、-8万669円となっています。

 

夏に入りFX不調期間に真っ最中です。

週単位でみても直近4週間連続で負け越していてなかなかトンネルの出口がみえません・・・。

 

負けが続いてメンタル面も弱くなり、ポジポジ病が発生してしまい、直感でエントリーしたりドテンやナンピンしたりと悪手のオンパレードを繰り出して、損失を拡大させてきました。

 

なのでここらで落ち着かせるために、自分流の「ルール」を決めて取引することにしました。

 

新ルールその1

レートは3万通貨固定

いままで1万通貨で取引していましたが、緊張感をもってトレードするように、あえてレートは上げました。

証拠金の問題でナンピンもできません。

 

新ルールその2

エントリーはローソク足が確定してから

いままでは完全裁量トレードで、チャートをみて直感でエントリーしていましたが、それだと焦ってフライング気味になってしまうことが多いので、ここはしっかりと足が確定するのを待つことにします。

 

基本15分足とするので、足が確定するまでに一度呼吸を整えて本当にエントリーする価値があるのかを、確かめるようになればと思います。

 

そんな感じで、いつまでたってもヘタクソですが、この2つの取引ルールを守り、再チャレンジしていきます。

 

勝つまで諦めません!

スポンサードリンク

 

2018年7月30日のドル円の動き

さて、週が明けた7月30日(月)のドル円の動きを振り返ります。

5PISP下窓を開けて110.95円ではじまり
高値が111.16円、安値が110.89円
終値が111.05円と日足は陽線がでました。

 

午前中のはやい時間帯に下押しがありましたが、すぐに戻して、あとは狭いレンジが続きました。

先週からずっと110円付近での膠着状態が続きますね。

いいかげんに動いてほしいところですが、今週は日銀会合が31日(火)FOMCが1日(水)雇用統計が3日(金)と重要イベントが続きますので、大きな動きがでると予想しています。

とくに狭いレンジのあとはパワーが溜まっていますので、はじけたら一気に動きますので、ついていけるように注意しておくようにしたいですね。

スポンサードリンク

 

2018年7月30日の取引報告

それでは7月30日(月)の取引結果を報告します。

通貨ペア LS LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
USD/JPY S 3 110.954 111.061 -10.7 -3,210
USD/JPY L 3 111.115 111.16 4.5 1,350
EUR/JPY L 3 129.538 129.7 16.2 4,860
EUR/JPY L 3 129.812 129.865 5.3 1,590

<本日の結果>
3勝1敗
+15.3PIPS
+4590円


4週連続で負け越していて「今週もダメかもしれない」と不安のなかスタートでしたが、新ルールを信じてプラス収支でした。

 

最初のトレードで負けたあとも取り乱すことなく、午後からはドル円が動かないから「ユーロ円」での押し目買いに狙いを切り替えて、落ち着いて対処することができました。

 

昼の利益を夜に吐き出してしまうことも多いですが、この日は夜のトレードもそこそこで切り上げることができて、睡眠時間もバッチリ確保できました。

 

トレード数も4回とかなり厳選してできたので、1日に4~5回のトレードが基準になるように今後もやっていきたいですね。

 

今週はまずまずのスタートを切れました。

<2018年のFX収支>
692勝491敗(勝率58%)
-676.3PIPS
-7万6079円


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ