負けないレベルから次のステージにいくために必要なのは「悪いトレードを削ること」(2018年7月6日FX収支)

サラリーマンFX投資家のナッキです。
2018年のここまでのFX収支は、+2156円となっています。

 

長年、毎日チャートに触れて、トレードを続けてきているうちに、なんとか勝てないまでも「負けないレベル」までは到達できた気がします。

 

大きなミス(ナンピン塩漬け)さえしなければ、プラスマイナス0にはトータルで持って行ける自信もついてきました。

 

このレベルから次のステージに行くためには、「悪いトレードを削ること」だと思います。

 

長くFXをやっていると、「これをやったらダメだ」とか「こういうメンタルのときに大きく崩れる」というのを何度も経験していて、自分でもやってはいけないことが分かってきます。

 

ひとつひとつのトレードの質をどれだけあげていけるか、ダメなトレードを削ればその分、収支が向上していくはずなので、丁寧に取り組んでいければと思います。

 

また、FXは勝てるようになってくると、どうしても欲がでて焦ってトレードしてしまうので、いつでも冷静に抑え目に入ることも忘れずにしたいと思います。

スポンサードリンク

 

2018年7月6日のドル円の動き

さて、7月6日(金)のドル円の動きを振り返ります。

110.62円ではじまり
高値が110.78円、安値が110.38円
終値が110.43円で日足は陰線でした。

今日は雇用統計でしたが、値動きは非常に少なかったです。

雇用統計発表で20PIPS下に動いたあとも、そこからまったく動きがでませんでした。

 

来週以降はどちらに動くのかは判断難しいところです。

個人的には上にいくと思っていますが・・・。

ドル円相場は6月はじめは108円台でしたが、じわじわと上昇して、今週火曜の7月3日に111.13円の高値をつけています。

その後週末にかけて上昇が一服して110円台に戻していますが、目線はまだ上でいいのではないでしょうか?

懸念があるとすれば、やはりトランプでしょうか。

貿易戦争の不安が大きければ下押しもあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

2018年7月6日の取引報告

それでは7月6日(金)の取引結果を報告します。

通貨ペア LS LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
USD/JPY L 1 110.699 110.748 4.9 490
USD/JPY L 1 110.722 110.74 1.8 180
USD/JPY L 1 110.704 110.666 -3.8 -380
USD/JPY L 1 110.678 110.666 -1.2 -120
USD/JPY L 1 110.596 110.666 7.0 700
EUR/USD L 1 1.1758 1.17601 2.1 231
EUR/USD L 1 1.17502 1.1465 -3.7 -408
EUR/USD L 1 1.17432 1.17479 4.7 519

<本日の結果>
5勝3敗
+11.8PIPS
+1212円


雇用統計前はドル円のロング、統計後はユーロドルのロングでエントリーしましたが、いかんせん値動きが少なすぎて10PIPS以上とれませんでした。

 

雇用統計後にユーロドルは上昇して上値をキープしていたので、このまま上抜けを期待しましたがダメでしたね。

 

長い時間見続けていたのでもどかしい時間を過ごしていました。

 

これで今週1週間は大きく負け越してしまいました。

7/2(月)+880円
7/3(火)-1万2440円
7/4(水)+100円
7/5(木)+170円
7/6(金)+1212円
合計 -1万78円

火曜の大負けが響きました。

 

1日で100PIPS以上負ける日はないようにしたいですね。

 

損切りを速くすることが再発防止策だと思いますので、意識していこうと思います。

<2018年のFX収支>
601勝408敗(勝率60%)
+14.1PIPS
+3368円


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ