【6連敗でストップ!】ドル円で読みを外して損切連発するもなんとか逃げ切り(2018年8月16・17日FX収支)

兼業FXトレーダーのナッキです。
2018年のここまでのFX収支は、-9万8989円となっています。

 

ここまで6週連続で負けが続いていますが、今週は水曜まででプラス2万円と復調の兆しをみせています。

今日は木曜・金曜2日分の結果を報告したいと思います。

 

連敗を止めたいという気持ちはもちろんありますが、理想をいえば、日々の収支に一喜一憂することなくトレードに集中したいです。

 

必要以上に収支を意識するとトレードが崩れてしまうことになるので、「負けても気にしない」くらい開き直るくらいが丁度いいのかもしれませんね。

 

さっそく結果報告に移りたいと思います。

 

この2日間は環境認識の読み外し(特にドル円)で苦しい展開となりました。

スポンサードリンク

 

2018年8月16・17日の取引結果

今週の水曜までの収支はプラス2万円です。

収支の上乗せはできたのか?

利益を飛ばしてしまったのか?

それでは8月16日(木)と17日(金)のFX結果をまとめて報告します。

 

ドル円の結果

まずはドル円の結果から。

16・17日の取引結果です。

通貨ペア LS LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
USD/JPY S 3 110.503 110.602 -9.9 -2,970
USD/JPY S 3 110.693 110.864 -17.1 -5,130
USD/JPY S 3 110.809 110.841 -3.2 -960
USD/JPY S 3 110.84 110.87 -3.0 -900
USD/JPY S 3 110.562 110.661 -9.9 -2,970
USD/JPY S 3 110.857 110.795 6.2 1,860
USD/JPY L 3 110.736 110.651 -8.5 -2,550
USD/JPY L 3 110.641 110.539 -10.2 -3,060
USD/JPY L 3 110.521 110.449 -7.2 -2,160

<ドル円の結果>
-62.8PIPS
-1万8840円

2日間で9回トレード(うち2回はスキャル)しましたが、わずか1勝で完敗でした。

16日は下降トレンドと判断したので順張りショートを狙いました。

①と③は下ブレイクを狙いましたが失敗に終わったトレードです。

②は米中関係のニュースで急上昇した場面でリバウンドを狙いましたが失敗。損切りも遅れました・・・。

 

続く17日はレンジ相場に戻ったと判断しての逆張りで臨みました。

110.5円が強力なサポートとして機能していましたので、ここを最終ラインとはやくからロングを入れていましたが、下落の勢いが強くて撤退しました。

ロング3回は多すぎたと反省しています。

同じ根拠でのエントリーは2回までと決めたいと思います。

というわけで、ドル円はまったくかみ合わずで負けを認めざるをえない結果でした(笑)

 

スポンサードリンク

 

ユーロドル・ユーロ円の結果

続いてユーロドルとユーロ円の結果です。

通貨ペア LS LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
EUR/JPY S 3 125.382 125.31 7.2 2,160
EUR/JPY S 3 125.389 125.446 -5.7 -1,710
EUR/USD S 3 1.13656 1.1376 -10.4 -3,457
EUR/USD S 3 1.14065 1.14 6.5 2,159
EUR/USD S 3 1.1396 1.1378 18.0 5,988
EUR/JPY S 3 126.235 126.167 6.8 2,040
EUR/JPY S 3 126.356 126.2 15.6 4,680
EUR/JPY S 3 125.789 125.851 -6.2 -1,860

<ユーロドル・ユーロ円の結果>
+31.8PIPS
+1万円

両通貨とも下降トレンドが継続していると判断しての「ショート」で入るようにしました。

下値は堅かったですが、ユーロ円は126.3円・ユーロドルは1.14ドル付近で上値も抑えられていたので、そのあたりをエントリーポイントとして意識していました。

 

エントリーはよかったです。

 

そう、エントリーは・・・。

 

エントリーが決まっても、利確ポイントをミスしたトレードが2回ありましたので紹介します。

ユーロドル ショート (17日 0:20~5:29)
1.1396 → 1.1378 (+18P)

 

レジスタンスラインの1.141ドルで止められた場面で1.1396ショートを入れました。

これが大きく下落していき、一時1.1348まで下落しましたが、そこから反転上昇してしまい、利益を減らしてしまいました。

実は1.1345を決済指値を入れていましたが3PIPS届かずの惜しいトレードでした。

利確していれば+50PIPS以上でしたので、勝ちましたが悔しいものとなりました。

 

次は翌日のユーロ円のトレードです。

ユーロ円 ショート (17:09~17:50)
126.356 → 126.2 (+15.6P)

 

さきほどのユーロドルと違い、今度は利確を速まったケースです。

エントリー理由は同じく126.3円の抵抗線での跳ね返りを狙ったものです。

昨日のこともあったので指値を近めに入れて、様子を見ながら伸ばせそうなら伸ばそうと思っていました。

が、思いのほか下落スピードが速く、気づいたら利確ポイントに到達していました。

このあと急落をとれなかったので、「あのまま持っていれば・・・」と指をくわえてみていました。

こちらもうまくいけば、50PIPSはとれていました。

というわけで、ユーロ関係は勝ちはしましたが詰めが甘く、悔しい気持ちが残るものとなりました。

スポンサードリンク

 

まとめ

16日(木)と17(金)の最終結果はドル円で大敗でしたがユーロでは勝利して

31PIPS -8840円でした。

 

残念ながら結果は負けてしまいましたが、自分で決めたことの最低限は守れたので納得はしています。

反省すべきポイントも見つかったので、来週以降に活かしていければと思います。

 

そして、今週の最終結果ですが、ついに連敗をとめることができました。

+37PIPS +1万1172円 となりわずかですがプラスにすることができました。

 

まあ、冒頭にも書いたとおり、収支はあまり気にしないようにします。

相場の動きをイメージして、そのときが来たらエントリーすることを繰り返せるようになれればと思います。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

<2018年のFX収支>
764勝543敗
-769.5PIPS
-10万7829円


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ