ナンピン克服後のあらたな課題は、損切り連発に耐えうるメンタル力(2018年8月7日FX収支)

兼業FXトレーダーのナッキです。
2018年のFX収支は、-11万6342円となっています。

 

現在5週連続で負けていて、今週も月曜がマイナススタートとなり、完全に相場の養分になってしまっております。

 

そんななか、課題であった「ナンピンしてしまうクセ」と「ポジポジ病」は克服することができました。

 

どうやって克服したかというと。

 

①緊張感を持たせるためにレートをあげた

②過去の負けトレード日記を読み返してみた

 

①は証拠金を足らなくさせて強制的にナンピンできない状態をつくること。

②は過去ナンピンをして死ぬほど後悔したことを思い出して意識を変えること。

 

このやり方で僕は課題を解決できました。

 

しかし、ナンピンを解決したらまた次の問題が発生しました。

 

それは、

 

勝率が下がったことで、毎日負けるようになったことです。

 

いままで含み損になっても、ナンピンして無理やりプラスに持っていくことがありましたが、その手がつかえなくなったので、必然的に損切りする回数が増えました。

 

長い目でみれば、損切りが増えても、ナンピンしていつか大怪我をするよりかは結果は良いはずです。

 

そう、やっていることは間違っていないはずなのですが、、、

 

問題は損切りが続いたことでのメンタルの状態です。

 

よほど手法や自分に自信がないと、何度も損切りが続いて毎日損失をだしていれば、メンタルが弱ってきます。

 

メンタルが不安定になれば、そこから焦りを生み、トレードスタイルが崩れてしまいます。

 

具体的にはエントリーが雑になったり、利確や損切りが遅れてしまうなど不都合が生じるのです。

 

損切りが続いてもメンタルを安定させていなければならないのです。

 

それが僕のあらたな課題となりました。

 

それを克服するために、今僕は「取引手法の確立」と「ロットを下げる」ことを検討しています。

 

どうなるのか分かりませんがやるだけやってみます!

スポンサードリンク

 

■2018年8月7日の取引結果

それでは8月7日(火)のFX取引結果を報告します。

通貨ペア LS LOT 新規 決済 獲得P 収支(円)
USD/JPY S 3 111.38 111.305 7.5 2,250
USD/JPY S 3 111.306 111.36 -5.4 -1,620
USD/JPY S 3 111.316 111.265 5.1 1,530
EUR/JPY L 3 128.924 128.81 -11.4 -3,420
EUR/JPY L 3 128.878 128.809 -6.9 -2,070
EUR/USD L 3 1.16053 1.15839 -21.4 -7,148

<本日の結果>
2勝4敗
-32.5PIPS
-10478円


また負けたー。

東京時間のドル円トレードは2勝1敗で勝ちましたが、欧州時間から3連敗で安定の1万円負けでした。

では今日のポイントとなった負けトレード3回を振り返ってみます。

①ユーロ円 ロング (17:00~19:18)
128.924 → 128.81 -11.4P

 

②ユーロ円 ロング (19:31~21:20)
128.878 → 128.809 -6.9P

 

ユーロ円の上値ブレイク後の押し目を狙った形になります。

いま見ると、あまり押し目になっていませんね・・・。

1度損切りになったあとに、損切りしたところが押し目っぽくなったので再度入っています。

が、2回目も損切りになりました。

同じ理由で入るのは2回までと決めているので、ユーロ円はこれで終了しました。

しかし、損切りしなければ・・・ナンピンしていれば・・・その後上昇しているんですよね。

これは考えないようにしよう。

仕方ない、仕方ない。

スポンサードリンク

 

そして、ここで終了していれば、良かったのですが、実はこのあともう1トレードしてしまいました。

③ユーロドル ロング (21:38~2:54)
1.16053 → 1.15839 -21.4P

 

さっきのユーロ円の損切り後に、ほぼ飛び乗りで入ってしまいました。

天井ロングとなり、10PIPSで損切りと思っていましたが、結局20PIPSと深めに逆指値を入れて寝ましたが、お決まりの底でピンポイントロスカットでした。

 

とにかく、この1回のトレードは余計でした。

損切りが続いて焦ってしまいましたね。

<2018年のFX収支>
704勝506敗(勝率58%)
-834.5PIPS
-12万6820円


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ