2020年4月5週~5月1週のFXトレード結果【4月は決済回数0で終了】

兼業FXトレーダーのナッキです。

2020年はツイッターで全トレードをリアルタイムで発信しています。
ぜひチェックしてみてください。
(@nakki_fukugyo)


さて、あっという間に4月が終わりました。

緊急事態宣言が出されてからは会社に行く回数も減りました。

今では週1~2回出社してまとめて仕事を片づけるといった感じです。

仕事が減っているというのもありますが、これでも全然回りますので、いままでの週5日勤務がいかに非効率だったのかが分かりますね。

これを機に「会社で働く時間」を見直していきたいです。

時間だけはたっぷりあるので、全力でトレードをしたいところなのですが、あいにく今は「絶賛塩漬け中」につき、まったくトレードができていないです。

今週は動きがあったのでしょうか?

結果を報告します。

スポンサードリンク

 

2020年4月5週~5月1週のFXトレード結果

先週からの持ち越しポジションです。

<持ち越しポジション>
豪ドル円S 66.988  15000通貨  -177P
豪ドルドルS 0.61615  15000通貨  -234P
ポンドドルS 1.22806  12000通貨   -87P

 

含み損が7.7万円でした。

今週は木曜まで豪ドル・ポンドとも強くて冷や冷やの展開でした。

4月最終日となった木曜日には豪ドル円が70.16円、豪ドルドルが0.6569ドル、ポンドドルが1.26427ドルまで上昇しました。

ポンドドルは1.27でロスカット注文を入れてあるのでギリギリでした。

月が替わった金曜日にようやく下落の兆しが見え始め、豪ドル円が68.63円、豪ドルドルが0.6419ドル、ポンドドルが1.2493ドルまで落ちてきました。

僕の今週のトレードは、豪ドルドルを0.649ドルで売り増し、豪ドル円を69.9円で売り増しの2つの約定だけでした。

今週も状況は変わらず塩漬けが続いています。

というわけで現在のポジションです。

<現在のポジション>
豪ドル円S 67.716  20000通貨  -92P
豪ドルドルS 0.62436  20000通貨  -177P
ポンドドルS 1.22806  12000通貨   -213P

 

相変わらずの状態で、含み損が8.5万円あります。

4月最終日となった木曜の上昇時に14万くらいまで含み損が広がりましたが、金曜日に一気に下落してくれて、ひとまず助かりました。

豪ドル、ポンドとも木曜日のクラッシュ的な急上昇があったので、もしかしたらここらで転換かもしれませんね。

セルインメイを期待します。

 

結局僕の4月は一度も決済のない「ナンピン塩漬け月間」でした。

でも、まあ割と想定内です。

長期的には下方向と思っていても、どこで落ちるかは予想できません。

下落は上昇の3倍速いと言われています。

落ち始めてからポジションを持っても間に合わないこともありますので、「ショートポジションを持って下落を待つ」という作戦も理にかなっているのではないでしょうか?

来週の戦略ですが、ポンドドルはOCOを1.215と1.27に入れてあるので、今週同様どちらかにかかるまで待ちます。

豪ドルは上がれば売り上がり、下がれば片方(たぶん豪ドル円)を決済します。

それと、ブログには書いていませんでしたがトルコリラ円のスイングトレードを半年前からやっていて、先日勝負がついたので次の記事にしたいと思います。

それではまたー。

2020年のFX収支
-159.7pips
-1万1384円


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ