2020年5月2週のFXトレード結果【下がる気配なくそろそろ損切りか・・・】

兼業FXトレーダーのナッキです。

2020年はツイッターで全トレードをリアルタイムで発信しています。
ぜひチェックしてみてください。
(@nakki_fukugyo)


2020年のゴールデンウィークが終わりましたね。

皆さんどう過ごしていますか?

外出自粛の流れと感染不安もあり、何もしないでいると休んでいるのに変なストレスがかかりますよね。

僕はできるだけ身体を動かすようにしています。

朝は6時過ぎには起きて軽く運動と読書。

日中は家族で散歩に出かけて、夕方に筋トレ。

夜は10時には寝ています。

合間合間にブログ更新と子供の相手をして過ごしています。

本当はトレードしたいですが、塩漬け中なので自粛しています。

 

FX取引高過去最高

さて、先日興味深い記事を見ました。

2020年3月のFX売買高は単月で1015兆円に達して、過去最高だった2015年1月の660兆円を大幅に更新したようです。

相場が乱高下したのもありますが、売買増加のひとつの要因に、テレワークの普及があります。

外為どっとコム総研によれば、「日中時間帯のFX取引が従来より活発化しており、明らかにテレワーカーによる取引が増加している」とみています。

トレーダーなら分かります。3月の大相場を目にしたら、仕事なんて手につかないですよね。

誰もみていなければ、仕事は後回しにしてトレードしますって。

そう考えると、FXはパチンコよりも怖いのです。

パチンコはパチンコホールに行かなければ遊技できないですから、仕事中に行くにはバレるリスク高すぎます。

FXは24時間、スマホからでもできちゃうので、自制できない人は永遠にやってしまいます。

仕事中に没頭してしまうなら、生産性が恐ろしく低下しますよね(実体験より)

FXは負ける金額もパチンコの比でないくらい大きいです。

パチンコは負けても1日10万円ちょいです。

FXは1日で全財産持っていかれて、借金の可能性すらあります。

パチンコ・パチンコの最高負け額はこちらの記事にまとめています。

パチンコよりも、FXを規制しろと、僕は思うのです。

スポンサードリンク

 

2020年5月2週のFXトレード結果

それでは、今週のトレード結果を報告します。

先週からの持ち越しポジションがありました。

<先週末のポジション>
豪ドル円S 67.716  20000通貨  -92P
豪ドルドルS 0.62436  20000通貨  -177P
ポンドドルS 1.22806  12000通貨   -213P

 

含み損が8.5万でしたが、今週はどうなったのでしょうか?

はい。

今週も動きなしでした。

豪ドル、ポンドとも週明けから下落して良い感じでしたが、週後半から切り返して上昇モードに入っていて含み損が増えました。

というわけで、現在のポジションです。

<現在のポジション>
豪ドル円S 67.716  20000通貨  -195P
豪ドルドルS 0.62436  20000通貨  -286P
ポンドドルS 1.22806  12000通貨   -125P

 

いまだに全部マイナスで、含み損が11.8万円あります。

豪ドルがだいぶ厳しいかもです。

豪ドルは株と連動した動きになってますが、日経も2万回復してきて、NYダウも上昇基調が続いています。

豪ドルは4月の高値を超えてきたら損切りも考えないとですね。

はぁー難しい。

2020年のFX収支
-159.7pips
-1万1384円


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ