日本を代表する企業のトップ30人が予想した2018年の為替レートはいくら?

先の読めない時代。

果たして1年後のドル円はいったいいくらになっているのか、分かる人がいたら教えてほしいものですが、1月3日の読売新聞に毎年恒例の「新春経営トップ30人アンケート」が掲載されていましたので紹介したいと思います。

日本を代表する企業のトップ30人に、2018年のドル円の最安値水準最高値水準を予想してもらっています。

ちなみに去年2017年にも同じアンケートが掲載されていました。

30人の安値予想平均が103.6円で、実際の2017年の結果は107.3円でした。
高値予想平均は120.3円で、実際の結果は118.6円でした。

どちらも、「まあまあ当たった」という結果となりました。
だいたい予想どおりになったということは、「2017年が波乱のない一年」だったということでしょうか。

詳細な結果は前に記事にしていますので、興味ある方はご覧ください。

【結果発表!】日本を代表する経営者30名による為替(ドル円)予想 2017年

2017年、もっとも予想が近かったのは5名でした。

・みずほグループの佐藤社長
・新日鉄住金の進藤社長
・鹿島の押味社長
・味の素の西井社長
・三越伊勢丹HDの大西社長

この5名の予想は105円~120円と予想していて、ほぼ当てるという素晴らしい読みをみせました。
今年の予想にも要注目ですね。

スポンサードリンク

2018年経営トップ30人の為替予想

それでは日本を代表する30名の2018年のドル円予想をみてみます。

企業名 役職 氏名 安値予想 高値予想
三菱UFJグループ 社長 平野信行 110 115
三井住友グループ 社長 国部毅 105 120
みずほグループ 社長 佐藤康博 100 115
野村HDグループ CEO 永井浩二 110 125
大和証券本社 社長 中田誠司 100 120
日本生命保険 社長 筒井義信 100 120
東京海上HD 社長 永野毅 105 120
伊藤忠商事 社長 岡藤正広 100 120
三井物産 社長 安永竜夫 105 115
三井不動産 社長 菰田正信 105 120
JR東日本 社長 冨田哲郎 110 115
西武HD 社長 後藤高志 110 120
ANAHD 社長 片野坂真哉 110 115
NTT 社長 鵜浦博夫
キリンHD 社長 磯崎功典 115 120
味の素 社長 西井孝明 105 120
明治HD 社長 松尾正彦 105 120
J・フロントリテイリング 社長 山本良一 105 120
三越伊勢丹HD 社長 杉江俊彦 110 115
セブン&アイHD 社長 伊阪隆一 110 115
ローソン 社長 竹増貞信 105 120
帝人 社長 鈴木純 105 115
キャノン 会長 御手洗冨士夫 105 115
日立製作所 社長 東原敏昭 105 120
パナソニック 社長 津賀一宏 105 120
ホンダ 社長 八郷隆弘 105 120
三菱重工業 社長 宮永俊一 105 120
新日鉄住金 社長 進藤孝正 105 120
花王 社長 沢田道隆 105 120
JXTGHD 社長 内田幸雄 110 115
サラリーマン トレーダー ナッキ 100 120

30人の経営者の平均予想は、

安値 106.03円
高値 118.44円

となりました。

去年正解した5名のうち3名が今年も回答をしていて、

・みずほグループの佐藤社長が 100~115円
・味の素の西井社長が 105~120円
・新日鉄住金の進藤社長も 105~120円

という予想でした。

NTTの鵜浦社長は去年100~120円と回答していましたが、今年は無回答でした。

逆に、三菱重工業の宮永社長は去年無回答でしたが、今年は105~120円と予想していますね。


表の一番下に僕の予想が混じっていましたが、
僕、ナッキの予想は、

100円~120円としました。

上半期は円高になるのではないか?と思っています。
100円を割るくらいまで、下落したあと、反転して120円まで上昇するとみています。

そして、来年2019年、再来年2020円に向かって円安になるというのが、今僕が描いている予想です。

とはいえ、予期せぬことが起これば、想定外の暴落や暴騰がおこることが歴史が証明しています。
FXをするうえでは、決めつけはせずに、動いた方向に柔軟に対応していける人が勝つでしょう。

今年1年どのような動きになるのか楽しみですね。

また、来年結果を発表したいと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ