【結果発表!】日本を代表する経営者30名による為替(ドル円)予想 2017年

2017年の年初に、読売新聞上で日本を代表する経営者30名に「新春経済動向アンケート」を実施して、2017年の為替(ドル円)のレートを予想するコーナーがありました。

非常におもしろい試みでしたので、当時僕はこのブログで紹介しました。

経済動向アンケートからみる予想することの無意味さ

当時僕は、為替においては「予想はアテにならないし、無意味だ」みたいな内容のことを書いていましたが、結果はどうだったのか気になっていました。

そこで今回は、2018年に入りましたので、答え合わせをしてみることにしました。

本当にこの手の記事は「予想」は多くあるけど、その後の「検証」はほとんどしないので、僕のブログではきちんと最後まで追いかけようと思います。

 

2017年為替予想結果発表

それではさっそくみていきましょう。

▼経営者30人の平均予想▼

2017年 ドル円の安値予想は、103.6円
2017年 ドル円の高値予想は、120.3円

▼2017年の結果▼

2017年 ドル円の安値は、107.28円
2017年 ドル円の高値は、118.60円

というわけで、結果は「まあまあ当たっていた」といえるでしょう。
予想と結果に数円ずつ開きはありますが、この設問が、「最円高水準~最円安水準」という聞き方でしたので、少し余裕をみて広めに答えた人が多かったということでしょう。

さすが、日本を代表する企業のトップ達といった結果でした。

スポンサードリンク

 

一番予想が近かったのは誰?

続いて、個人別で最も予想が当たった人と、外れた人を調べてみましょう。

計算しやすいよう、2017年の安値は107.3円、高値はは118.6円としています。

 

●2017年為替予想と結果

企業名 役職 氏名 安値予想 高値予想 結果との差
野村HDグループ CEO 永井浩二 115 120 9.1
東京海上HD 社長 永野毅 105 125 8.7
日本生命保険 社長 筒井義信 100 125 13.7
三井不動産 社長 菰田正信 105 125 8.7
JR東海 社長 柘植康英 105 125 8.7
西武HD 社長 後藤高志 100 115 10.9
ANAHD 社長 片野坂真哉 105 125 8.7
NTT 社長 鵜浦博夫 100 120 8.7
みずほグループ 社長 佐藤康博 105 120 3.7
大和証券本社 社長 日比野隆司 105 125 8.7
三菱UFJグループ 社長 平野信行 105 125 8.7
三井住友グループ 社長 宮田孝一 105 125 8.7
伊藤忠商事 社長 岡藤正広 100 120 8.7
三菱商事 社長 垣内威彦 110 130 14.1
三菱重工業 社長 宮永俊一
ホンダ 社長 八郷隆弘 100 115 10.9
キャノン 会長 御手洗冨士夫 105 125 8.7
新日鉄住金 社長 進藤孝生 105 120 3.7
日立製作所 社長 東原敏昭 100 120 8.7
パナソニック 社長 津賀一宏 100 115 10.9
東レ 社長 日覚明広 95 105 25.9
花王 社長 沢田道隆 100 120 8.7
JXHD 社長 内田幸雄 110 120 4.1
鹿島 社長 押味至一 105 120 3.7
キリンHD 社長 磯崎功典 105 110 10.9
味の素 社長 西井孝明 105 120 3.7
JT 社長 小泉光臣 100 120 8.7
J・フロントリテイリング 社長 山本良一 105 115 5.9
三越伊勢丹HD 社長 大西洋 105 120 3.7
セブン&アイHD 社長 伊阪隆一 100 120 8.7

予想がもっとも近かったのは、105円~120円と回答をしていた5名の方たちでした。

・みずほグループの佐藤社長
・新日鉄住金の進藤社長
・鹿島の押味社長
・味の素の西井社長
・三越伊勢丹HDの大西社長

この5名はほぼ正解ですね。

2017年は不確実な年になると言われていましたが、惑わされずに、未来を読むことができたのは素晴らしいと思います。

格付け風にいえば、「一流経営者」の方たちです。


そして、もっとも予想が外れた人は、

東レの日覚(にっかく)社長でした。

なぜかこの方は95円~105円と予想していました。
1月のはじまりが117円台なのに、なぜ高値が105円なのでしょうか?

設問の意味すら理解していないのか、はたまた随分前にとったアンケートなのかは分かりませんが、全国新聞にのせる予想としては、お粗末としか言えません。

東レは子会社の不正発覚もあり、散々な年だった思いますが、為替アンケートでも最下位という結果でしたね。

2018年は頑張っていただきたい。

以上、2017年の経済動向アンケートの結果発表でした。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ