【2020年6月発表】アメリカ雇用統計の結果をやさしく解説(ドル円とユーロドルの値動きをチャートで説明)

ナッキ
ナッキ
ナッキです。(@nakki_fukugyo)

このページでは2020年6月に発表されたアメリカの5月分雇用統計の結果をまとめています。

雇用統計の結果をうけて「ドル円」と「ユーロドル」がどのように動いたのかチャートを付けて記事にしています。

また、こちらから過去の雇用統計の結果もすべてみられるようになっています。
過去の結果が知りたい方はチェックしてみてください。

 

アメリカ雇用統計速報結果(2020年6月発表)

●発表日時(日本時間)

2020年6月5日(金)21:30

●非農業部門雇用者数
予想 -750万人
結果 +250.9万人(予想より大幅○)

●失業率
予想 19.1%
結果 13.3%(予想より○)

●平均時給(前月比)
予想 1.0%増
結果 1.0%減(予想より×)

●平均時給(前年同月比)
予想 8.5%増
結果 6.7%増(予想より×)

 

減少予想に反するサプライズ結果に

2020年6月発表のアメリカ2020年5月の雇用統計は、減少傾向の予想に反して、250万人増加のサプライズとなった。

アメリカの経済活動の再開は早く、アメリカ雇用の悪化は4月で底打ちしたことを示唆する結果となった。

業種別では、前月に大幅悪化した「外食産業」「レジャー・観光」が回復している。

失業率も前月の14.7%から13.3%と回復に転じた。

ただ、気になる数字として、人種別の失業率がある。

白人の失業率は、12.4%と前月から1.8%回復した。

一方、黒人の失業率は16.8%と前月と比べ0.1%悪化している。

現在アメリカでは黒人への差別に対する抗議デモが行われているが、雇用面でも人種間の格差がみられている。

この強い雇用統計を受けて、トランプ大統領が記者会見を行った。

そこでは、「アメリカ経済はかつてないほど強い。来年にはさらに回復する」と述べた。

ナッキ
ナッキ
トランプのドヤ顔記者会見は1時間もやってました・・・

 

雇用統計後のドル円の動き

次に雇用統計発表後のドル円の動きをみてきます。

発表直後のドル円の値動き

○発表前 109.18円

○発表後 109.40円(+22pips)

雇用統計のサプライズ結果を受けて、ドル円は綺麗に上昇しました。

これは素直な反応でしたね。

 

発表1時間後

発表1時間後には、さらに上げ幅を広げていきました。

いつもなら、一瞬上がってすぐ落ちることもあるのですが、今回は高値を維持しています。

このあと23時からのトランプ会見待ちもあり、高値で待機しているような動きです。

 

終了まで

上昇を続けて、高値を付けたのがトランプ会見中の23時10分の109.85円でした。

110円を一気につけるかと思われましたが、その後は伸び悩み、週末の手じまい感から、値動きも少なくなっていきました。

結局、終値は109.60円と若干戻しての終了となりました。

 

雇用統計後のユーロドルの動き

続いて、ユーロドルの動きもみていきましょう。

発表直後のユーロドルの値動き

○発表前 1.1332ドル

○発表後 1.1319ドル(-13pips)

事前予想よりも大幅に良い結果を受けて、ユーロドルは下に動きました。

これは、米ドルが買われた影響で、相対的にユーロが下がったからです。

為替の値動きは、通貨間の綱引きなので、「米ドルが買われる=ユーロが売られる」みたいな式ができます。

 

発表1時間後

発表5分後には、さらに下押ししてすぐに戻ってきました。

そして、また下にいき、今度は1時間かけて戻ってきました。

ドルが買われていますが、ユーロもなかなか強いのがうかがえます。

 

終了まで

最終的には、やはり米ドルのほうが強かった。

24時過ぎにようやく方向感が定まったようで、上値は抑えられてダラダラと安値圏で推移しました。

終値は1.1285ドルと、発表直後よりもかなり下となりました。

 

2020年6月発表アメリカ雇用統計まとめ

2020年6月発表の2020年5月のアメリカ雇用統計は、事前予想を大幅に上回る結果となりました。

特に非農業部門の就業者は、マイナス予想がプラスとなり、これが強烈なサプライズでした。

米ドルも上昇して、株も買われました。

この日のNYダウ平均は、829ドル高の27110ドルと大きく上昇しました。

 

ただ、アメリカの経済回復の期待感から大きく買われていますが、冷静にみると未だに失業率は高く、コロナウイルスの感染は続いています。

5月末の失業保険の申請数は1週間で188万件で、リーマンショック後の3倍です。

株を持っている富豪層が豊かになって、弱い立場の労働者の不満がより高まりそうですね。

ナッキ
ナッキ
コロナで格差が広がり国民感情は悪化しています。それがデモ活動にもつながってます

 


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ