年末につき今年勝っている人は税金に注意

2016年も終わります

2016年もいよいよあと3日で終了となります。

今年のFX収支はいかがだったでしょうか。
FXで勝てる人は全体の10~15%ほどと言われていますので、なかなか年間収支をプラスにするのは容易ではないですと思います。
一般的にサラリーマンは年末年始のお休みに入る頃だと思いますので、そろそろ年間収支をしっかり計算して1年を振り返っておきましょう。

20万円以上勝っている人は確定申告が必要

FXの収入は雑所得とみなされ、年間で20万以上勝った場合には確定申告をして税金を支払わなければなりません
税率は利益の20.315%となりますので100万勝った人は20万3150円も税金が発生します。
※年間の利益というのは期間中に決済した分があたります。保有中のポジションや未決済のスワップは含みません。

年間収支を調整しておきましょう

現在の年間収支が20万を少し超えているなら、保有中のマイナスポジションがあれば一旦決済し、年間利益を20万円以下にするのも手です。
それが長期投資用であれば、年が変わったらまたポジションを建てればいいのです。
マイナスポジションがない場合でも、新規に両建てでポジションを持って、値動きによってマイナスがでた方のポジションだけ決済して、わざと負けることにより、年間利益額を20万円以下にすることもできます。

また、年間利益が20万円に少し届かないくらいの人は、大きく勝てる見込みがない限り、もうトレードするのはやめておいたほうがいいでしょう。
20万の利益で約4万円の税金がかかりますので、トレードで半端に勝っても実質税金の分でマイナスになってしまうからです。

今年もまだ3日間ありますので、一度自分の年間収支を計算して、損をしないように対策を行いましょう。

負けた場合でも損失を繰り越せる制度がある

年間収支がマイナスの場合でも、負け額を確定申告しておけば、この先3年間は損失を繰り越せます。
たとえば、今年100万円負けた人が来年100万円勝った場合は損失繰り越しをしておけばプラスマイナス0で税金もかかりませんが、損失繰り越しをしていなかった場合は来年の利益100万円に対して約20万円の税金が発生します。

この、損失繰り越しはかなり重要ですので、今年負けている人でも来年もFXを続けるなら必ず損失繰り越しの確定申告をしておきましょう。

ちなみに、僕も昨年収支はマイナスでしたので、損失繰り越しの確定申告を行いました。
思ったよりも簡単にできますので、後日手続きの仕方を紹介したいと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ