NYダウ過去最大の下落はいつ起きた?下落幅と下落率ランキング

ナッキです。
(@nakki_fukugyo)

この記事は、アメリカNYダウの過去最大の下落はいつ起こったのか書いていきます。

具体的には

1. NYダウ過去最大の下落幅ランキング
2. NYダウ過去最大の下落率ランキング
3. NYダウ過去最大の月間下落率ランキング

 

上記の順にランキング形式を紹介していきたいと思います。

良いときがあれば悪いときがあるのが相場の世界です。
過去の歴史を学び、今後必ず起こるであろう暴落を想像しておくことは大切です。

それではダウ暴落の歴史をみにいってみましょう。

スポンサードリンク

 

NYダウ過去最大の下落幅ランキング

それではまずNYダウ過去最大の下落幅ランキングをみていきましょう。

 

<第5位>
2008年9月29日 777.68ドル安
下落理由 リーマンショック

 

<第4位>
2018年12月4日 799.36ドル安
下落理由 米中の貿易摩擦

 

<第3位>
2018年10月10日 831.83ドル安
下落理由 米国の長期金利上昇

 

<第2位>
2018年2月8日 1032.89ドル安
下落理由 米国の長期金利上昇

 

<第1位>
2018年2月5日 1175.21ドル安
下落理由 米国の長期金利上昇

 

このランキングをみても分かるように1位から4位までが2018年に起こっています。

2018年には2月と10月にダウ平均株価は当時の史上最高値を記録しています。

2018年2月1日の終値が2万6186ドル、2018年10月3日の終値が2万6828ドルで共に最高値を更新しました。

この直後にランキングに入っている暴落が起こっていますので
相場の格言にもありますが「山高ければ谷深し」といったところでしょうか。

大きく上がればその分下がる幅も大きくなるというわけですね。

 

でもこのランキングは何か違和感がありますよね?

2018年よりも2008年のリーマンショックの方がインパクトありませんでした?

 

実はこれにはカラクリがあります。

 

2018年ダウ平均株価は約2万5000ドルでした。

一方、2008年当時のリーマンショック前のダウ平均株価は約1万1000ドルでした。

 

2008年と2018年の株価自体に2倍以上の開きがあるため、下落幅でみれば2018年の方が大きいですが

 

下落率でみれば2008年の方が大きいことが分かります。

 

同じ1000ドルの下落でも、2万5000ドルが2万4000ドルは4%の下落で
対して、1万1000ドルが1万0000ドルでは9.1%の下落となります。

ですから、過去の暴落を知るには、下落幅でみるだけでなく下落率でもみてみなければダメというわけですね。

スポンサードリンク

 

NYダウ過去最大の下落率ランキング

それでは、NYダウ過去の下落率ランキングをみてましょう。

 

<第5位>
1929年11月6日 -9.9%(-26ドル)
世界恐慌

 

<第4位>
1931年10月5日 -10.7%(-10ドル)
世界恐慌進行中

 

<第3位>
1929年10月29日 -11.7%(-31ドル)
世界恐慌

 

<第2位>
1929年10月28日 -13.5%(-41ドル)
世界恐慌

 

<第1位>
1987年10月19日 -22.6%(-508ドル)
ブラックマンデー

 

過去最大の下落率は1987年10月19日の「ブラックマンデー」と呼ばれる日です。

この日当時約2500ドル弱だったダウ平均は508ドル安となりました。

1日の下落率は22.6%と驚愕の数値ですね。

 

2000年以降の暴落ではリーマンショックが有名ですが、2008年9月15日から2009年3月9日までで11421ドル→6547ドル40%の下落でした。

現代の投資家は暴落といえばこのリーマンショックを思い出すのではないでしょうか?

 

というわけで、NYダウの下落幅TOP4は2018年が占めていますが、下落率でみればリーマンショックやブラックマンデーの方が大きくインパクトもあったといえるでしょう。

スポンサードリンク

 

NYダウ過去最大の月間下落率ランキング

さて、ダウの下落率ランキングをみて勘のするどい人は気づいたかもしれません。

 

そう、暴落率の上位4位から1位は10月が占めているのです。

 

「10月株式相場は荒れる」といわれていますが、なぜか過去の大きな暴落が10月に起こっていることからこう言われています。

それでは最後に各月ごとにみた下落率ランキングをみてみましょう。
※ランキングは月初値-月最安値で計算しています。

 

<第5位> 1938年3月 -25.4%

 

<第4位> 2008年10月 -27.3%
※リーマンショック

 

<第3位> 1931年9月 -31.7%
※イギリス金本位制の停止

 

<第2位> 1929年10月 -38.0%
※世界恐慌(ブラックサーズデー)

 

<第1位> 1987年10月 -38.4%
※ブラックマンデー

 

ご覧のとおり10月は4位と2位と1位にランクインしていました。

これはやはり、歴史上の3大暴落「世界恐慌」「ブラックマンデー」「リーマンショック」がすべて10月に起こったことが要因でしょう。

なぜ10月に暴落が起こるかは、考えられうる原因は何もないのですが、こうもかたよると気になってしまいますよね。

 

最後に

今回のランキグ紹介いかがでしたでしょうか?

過去のダウ暴落の歴史についてみてきましたが、いずれこれらの下落を上回る暴落がやってくるのでしょうか?

それは誰にもわかりませんが、相場の世界に絶対はありません。

いざ暴落がきたときに慌てずに対処するためにも、普段から過去の歴史から学び、備えておくことが大切だと思います。

 

というわけで、今回はアメリカNYダウの下落の歴史についてまとめてみました。

最後までお読みくださりありがとうございました。


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ