【歴史に学ぶFXシリーズ】プラザ合意

兼業FXトレーダーのナッキです。
(@nakki_fukugyo)

 

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

 

これは初代ドイツ帝国宰相のオットー・フォン・ビスマルクの言葉です。

この言葉の意義は、本当に賢い人は自分の経験だけでなく、失敗を防ぐために最初から他人の経験から学ぶというものです。

FXにおいても、他人の失敗談や過去の暴落などは大変参考になるかと思います。

 

そこで

 

「FX過去の歴史に学ぶシリーズ」

 

と題して

 

今回は1985年に起きた「プラザ合意」について振り返ってみたいと思います。

スポンサードリンク

 

プラザ合意とは

 

プラザ合意とは、いったいなんのことでしょうか。

名前だけはなんとなく聞いたことがあるけど、中身はよく知らない人がほとんどだと思います。

(僕もそうでした・・・)

 

プラザ合意とは1985年9月に、ニューヨークの五つ星のプラザホテルで開かれた会議での合意内容です。

当時、日本の経済が勢いよく発展している段階でした。

アメリカへも大量の日本の高品質の製品が「安く」が輸出されていました。

日本から安く高品質の製品がどんどん入ってくるため、アメリカの企業は日本の企業に追い抜かれていきます。

その状態に危機感を持ったアメリカ議会がとった対応策が

 

「円高ドル安」への誘導です。

 

円が高くなれば、日本の製品の値段が高くなり外国で売れなくなります。

逆にドルが安くなれば、アメリカの製品が安くなり外国で売れるようになります。

そう、自国の通貨は安いほうが輸出に有利なんですね。

このアメリカは自国の経済を立てなおすために、円高ドル安に誘導しようというのが「プラザ合意」です。

プラザ合意は、日本とアメリカだけでなく、当時の先進国であるイギリス・西ドイツ・フランスも協力して円高ドル安にしようと合意しました。

スポンサードリンク

 

協調介入の実施

アメリカ経済の悪化は世界中に影響が及ぶと考え、先進5か国はドル高の是正に合意したのがプラザ合意でした。

それでは、いったい何をしてドル高を食い止めたかというと

 

それが

 

協調介入です。

 

各国の中央銀行が一斉に大量のドルを売りに出したのです。

 

このとき、1985年9月のドル円は240円でした。

それがプラザ合意の発表から24時間で約20円下落しました。

 

20円ってすごいですね・・・。

 

さらに2ヶ月後には200円を切りました

今では考えられないですが、ドル円がたったの2ヶ月で約40円も動きました。

 

その後も円高に進行が続き、約2年でドル円は120円となったのです。

2年で120円もの強烈なトレンドを生み出したのがこの協調介入でした。

スポンサードリンク

 

ドル円が2年で半額になるってあらためて考えると凄いですよね。

まるで、いまのビットコインの動きのようです。

これくらい一方通行に動けば、ドル円を売りまくって大きく稼げるんだろうなぁ(たぶん実際はそんなにうまくいかない・・・)

 

協調介入は世界の金融危機と判断したときに、人為的に為替を操作する行為ですので、実施例が少ない分、効果は抜群ですね。

僕は2010年からFXトレードをしていますが、2011年3月の東日本大震災のあとに急激に円高が進んだ際、G7が協力して介入したのを覚えています。

これは76円から一気に81円台まで上昇して、ローソク足が火柱のごとく燃え上がる様にFX初心者ながら興奮しました。

また、いずれ協調介入することがあるでしょうから、ボーナス相場にしっかりと乗っかりたいですね。

 

それでは、歴史に学ぶFXシリーズとして、今回はプラザ合意についてお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ