スロットは1年間で最高いくら負けるの?6号機ジャグラーの設定1で計算してみた

ナッキです。
(@nakki_fukugyo)

スロットってお金がかかるイメージですよね。

パチスロは1年間で大体いくら負けるのでしょうか?

年間で50万円?100万円?200万円?

今回はそんな気になる疑問にお答えしようと思います。

スポンサードリンク

 

スロットは1年でいくら負けるの?6号機ジャグラーの設定1で計算してみた

収支計算に使用する機械は6号機のアイムジャグラー(2020年6月発売)です。

アイムジャグラーの基本スペックです。

設定 BIG REG 機械割
設定1 1/273.1 1/439.8 97.0%
設定2 1/269.7 1/399.6 98.0%
設定3 1/269.7 1/331.0 99.5%
設定4 1/259.0 1/315.1 101.1%
設定5 1/259.0 1/255.0 103.3%
設定6 1/255.0 1/255.0 105.5%

アイムジャグラー設定1の機械割は97%です。

毎日設定1を打ち続けたと仮定してどれくらい負けるのかみていきたいと思います。

 

1日(12時間稼働)の負け額

機械割が97%というのは、100枚メダルを投入したときに97枚払いだされるという意味です。

スロットは1回転でメダルを3枚使用します。

そして1時間で回せるゲーム数は約700ゲームです。

なので、1時間の投入メダルは2100枚となります。

機械割が97%だと、払い出されるメダルは2100×0.97=2037枚です。

2100枚投入して2037枚の払い出しなので、1時間で63枚のマイナスになります。

メダルは1枚20円ですので1時間で1260円負けということになります。

ここまでをまとめると、

アイムジャグラーの設定1は1時間で1260円負けます。

1日12時間打ったとすると1万5120円の負けとなります。

※これはあくまで平均の数字となります。勝つ日もあれば負ける日もあります。
平均すると1日で1万5120円負けるという意味です。

 

1ヶ月(30日稼働)の負け額

設定1は1日に1万5120円負けるので

1ヶ月、毎日設定1を打つと15,120×30=453,600

つまり、アイムジャグラーの設定1は1ヶ月で45万3600円負けます。

 

1年間(365日)の負け額

さらに1年間打ち続けた場合はいくらでしょうか?

15,120×365=5,518,800

なんと、アイムジャグラーの設定1を1年間打ち続けると、551万8800円負けることが判明しました。

設定1をフル稼働ですから、551万8800円が1年間スロットで負けられる最大の金額となります。

 

一般的なサラリーマンの場合(平日3時間、休日10時間稼働)

さすがに1年間フル稼働は現実的ではないので、一般的なサラリーマンで計算してみます。

条件は平日を仕事帰りの3時間、土日祝日を10時間としました。

てか、かなりヘビースロッターですね…

この条件ですと、月マイナス19万5825円で、年間マイナス234万9900円となります。

一般的なサラリーマンが空き時間のすべてでジャグラーの設定1を打つと、年収の半分負けることが分かりました。

 

週1回、日曜日だけ打った場合

さらに打つ時間を減らして、日曜日だけ8時間の稼働をした場合はどうでしょうか?

この条件だと、月マイナス4万3680円で年間マイナス52万4160円となりました。

これくらいだと、金が掛かる趣味といえなくもないですね。

スポンサードリンク

 

まとめ

さて、ここまで3つの条件で負け額を算出しました。

表にまとめておきます。

条件 月収支 年収支
毎日12時間 -45万3000円 -551万8000円
平日3・休日10時間 -19万5000円 -235万円
日曜8時間 -4万3000円 -52万4000円

こちらがスロットで負けられる最大金額になります。

どれくらいの頻度で打てばどれだけ負けられるのか目安になったでしょうか?

そして、忘れてほしくないのは、これらの数字はあくまでもジャグラーの設定1を打ち続けた収支だということです。

設定は各パチンコホールで台ごとに自由に設定できまし、設定は毎日変更することが可能です。

なので、1以外の設定を打つ機会が増えればその分、出玉率が上がるので、期待収支も高くなります。

また、機種によって基本スペックが違います。

設定1の機械割が100%以上の機種もありますので、そういう機種だけ打ち続ければ、収支はプラスになります。

こちらの記事に機械割100%以上の機種をまとめています。

あくまでも、最高の負け額(設定1を打ち続けた平均値)と捉えてください。

スポンサードリンク

 

設定6を打ち続けた場合は?

それでは最後に、アイムジャグラーの設定6を打ち続けた場合の収支を計算してみましたので紹介します。

設定1と同じ条件で計算しました。

<アイムジャグラーの設定6を打ち続けた場合>

条件 月収支 年収支
毎日12時間 +84万3000円 +1011万7000円
平日3・休日10時間 +35万9000円 +430万8000円
日曜8時間 +8万円 +96万円

アイムジャグラーの設定6を365日打ち続けると年収1000万超えるんですね。

凄い数字ですが、逆にいうとスロットではこれくらいの数字が稼げる限界ということです。

スロットは最高どれだけ勝てて、どれだけ負けられるのか、だいたいの目安になったでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ