【本当に面白い機種を選んだ】スロット5号機個人的ランキング ベスト5

スロット5号機が初登場した2005年からはや12年・・・。

いよいよ来年2018年から、6号機が登場しはじめることになります。

4号機から5号機に切り替わった当時は、スペックダウン(出玉力低下)の影響から、スロットの人気の大幅な減少を招きました。

しかし、徐々に5号機でもART機などゲーム性の広がりをみせ、また、スペック面でも純増3枚機や機械割119%機など大きく進化させて、これまでさまざまな人気機種が登場することとなりました。

そこで今回は、僕が個人的に選ぶ5号機ベスト5をランキング形式で発表したいと思います。

ちなみに、僕は5号機結構打ち込んでいますので、期待してください。

スポンサードリンク

 

5号機個人的ランキング 5位→2位

それでは、さっそくランキング発表にいきます。

●第5位

アイムジャグラーEX


ⓒKITA DENSHI

いわずと知れた5号機初期に現れた救世主ジャグラーです。
この機種は2007年1月に導入開始されましたが、当時は5号機に移行したばかりの時期で、スロットの人気が著しく低下していて、台の替わりに「ベニヤ板」を設置するホールも登場するほどでした。

そんななかこの「アイムジャグラーEX」はユーザーから根強い人気を獲得して、数か月で入れ替えられる機種が大半のなか、それから6年以上ホールの主役として稼動していました。

ホール側にとっては、入替不要の不動の人気機種として、それは長い間営業に貢献してくれたのではないでしょうか。

打ち手の僕としても、おそらく5号機で「もっとも打った台」でしょう。
導入当時は僕は20代中盤で、朝から晩までスロットを打っていられる体力がありました(いまは無理・・・)

当時は設定を示唆するイベント(札など)もあり、設定5・6を終日ぶん回すようなこともよくしていました。

老若男女に受け入れられた「GOGOランプ」はいまも、僕の思い出の心をともしてくれます。

 

●第4位

押忍!番長2


ⓒDaito

2011年10月に導入された4号機番長の後継機ですね。
純増2枚の擬似ボーナスのART機です。

スペックバランス的にはこれくらいがベストですね。
当たりも近からず遠からず、上乗せも性能もそこそこ、そしてプレミア役の出玉トリガーの「超番長ボーナス」とまさに「遊べる5号機」の代表機種でしょう。

このあとに純増3枚の機種が登場しはじめましたが、「通常時退屈」&「当たっても駆け抜け」というドS仕様でゲームバランスが崩壊していきました。

個人的にもハイエナで170~220G・370~420Gなど、当たりやすいゾーンを1日に何台も打って、結構勝ちましたね。
ハイエナで稼げた機種でもあります。

バカバカしい演出も健在で、打っていて本当に楽しい機械でした。

 

●第3位

クランキーセレブレーション


ⓒUNIVERSAL ENTERTAINMENT

2016年10月に導入されたノーマルAタイプです。

僕のような30代中盤以上のスロッターにとってはこの機種はヤバイでしょう。
クランキーコンドル」と「ビーマックス」を組み合わせたようなリール配列、そしてボーナス確率が近くサクサク当たるため、仕事帰りの一勝負に最適。

そしてなによりも「甘い」のがよい!
設定1での機械割がフル攻略で101.1%となっています。

僕のブログでも「クラセレは本当に甘いのか?」を確かめるため、自身の実践データをまとめて公開しています。(いま25000ゲーム回して負けていますが何か?・・・)

【クラセレは勝てる?】クランキーセレブレーションを25000ゲーム回した実践データと機械割を公開

同じアクロスAタイプの「ハナビ」や「バーサス」もいいのですが、この2機種は4号機を忠実に再現にすることに力点を置いている気がします。

その点「クラセレ」は継承しながらも進化していて、打っていて「新鮮さ」を感じることができました。



やっぱスロットは出目ですよねー

 

●第2位

パチスロモンスターハンター月下雷鳴


ⓒエンターライズ

2014年3月に導入されたエンターライズの集大成的機種が2位となりました。

この機種は通常時はクソつまらないのですが、当たっているときの楽しさが異常です。
狩猟ボーナスという、モンスターを討伐できれば連荘という単純なゲーム性なのですが、毎回展開が違います。

敵キャラや味方キャラが豊富なのはもちろん、毎ゲームの小役の引きによって勝敗の展開が左右されるので、ボーナス中がただの消化ゲームにならずに、手に汗握り、息を飲みながら、ボーナスが終わるまで狩猟に没頭してしまいます。

1撃で7900枚出たときもありましたが、このときは終わる気がしなかったです!

この作り込みの深さには脱帽ですね。
本当に素晴らしい出来です。

モンハンの前作の「バイオハザード5」も名機だったのですが、さらにその上をいく完成度でした。

ちなみに、この機種のチャンスゾーンである「アイルービンゴ」は5号機の数あるチャンスゾーンのなかで僕は1番好きです(笑)

 

5号機個人的ランキング 1位

スポンサードリンク

それでは栄えある個人的5号機ランキング1位の発表です。

第1位は・・・

こちらです!

沖ドキ!


ⓒUNIVERSAL ENTERTAINMENT

この機種は2014年の8月に導入開始でした。
はじめは確かテスト導入という扱いで、全国でも導入が少なかったという記憶があります。

偶然にも僕の家の近所の店に10台近く大量に導入されていました。
打ってみてビックリしたのを覚えています。

1000円で20ゲームちょっとしか回らず、当たってもほぼ単発でデータランプは高層ビル・・・。
しかしいったん連荘しはじめると、出っ放しになることもザラでした。

モード管理の純増3枚のAT機で、最高継続率は90%とまさに裏モノ沖スロという機械でした。

そして、この機種の1番すごいところは、ズバリ・・・

中毒性です!

一度でもあの強烈な連チャンを目の当たりにしてしまうと、「チカらせたい!」「32ゲーム以内のアツさを味わいたい!」「中段チェリー!」と夢にまででてくるでしょう。

この機種は「中毒性」の部分にすべてのステータスを振り切ってつくられています。
そして、計算どおり多くの中毒者を生み出しているので開発者の完全なる「勝ち」でしょう。

あの中毒性を生み出した開発者は「天才」としかいえません。

僕も中段チェリーからフリーズして、一撃で8000枚だしたことがありますが、純増スピードもはやいし、最高の気分でしたね。
できればもう一度味わいたい・・・。

というわけで、以上が僕ナッキの個人的5号機ランキングでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ